【エントラスト通信vol101】
F
春の訪れは嬉しいのですが、花粉症が心配な季節になりました。
3月のメルマガ担当、エントラストの三浦です!

最近、特定のサイトにアクセスすると、アドレスバーに以下のような警告メッセージを見たことはありませんか?

img

これは、SSL(暗号化通信 以下SSL)を導入していないサイトで、アドレスバーの横に「保護されていない通信」という表示される警告メッセージです。
ブラウザのChromeのバージョン68以降などで表示されるようになりました。

ブラウザでこのような警告メッセージが表示されるようになった背景には、インターネット全体の通信の安全性がもっと高まりますように、というGoogleの思いが込められています。

img

そう、SSLを導入することで、Webサイト上の通信の安全性が高まるのです。


■SSLってなんなの!?
SSLとは、インターネット上の通信を暗号化する技術のことです。
たとえば、Webサイト上にある「お問い合わせフォーム」などをSSL化すれば、そこで送信される情報が盗み見られることがありません。

「えっ!?お問い合わせフォームの情報が盗まれることがあるの!?」と驚いた方がいらっしゃるかもしれませんが、実は、お問い合わせフォームの内容にかかわらず、インターネットで行われるすべての通信は、盗み見られる可能性があります。

img
img

たとえば、電話機をイメージしてください。
電話機の回線に盗聴器を仕掛ければ、電話の内容は盗聴できてしまいますよね。
それと同じで、インターネット回線を介したネット上のやりとりは、攻撃者によって傍受される恐れがあるんです。

ただ、その傍受された内容が「意味の分からない暗号」になっていたらどうでしょう?
日本語などでやりとりされているはずの文字列が、意味のわからない暗号に変化していたら、通信を傍受しても中身を知ることはできません。

SSLとは、まさにその、“ネットを介してやりとりされる情報を暗号化する技術”のことを指します。
WebサイトをSSL化するということは、セキュリティの面で、とっても心強いことなんです。


■SSL化ってどうやるの?
ホームページがSSLに対応しているかを確認する必要があります。
弊社のサービスプランには、SSL対応のプランもございますので、これを機にホームページを見直してみたいと思う方は、お気軽に担当営業までお問合せください。

今後ともエントラストをどうぞよろしくお願いいたします。

平成31年3月
担当:三浦

-----------------------------
ホームページの修正・追加も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL: 022-726-5655
MAIL: info@b-entrust.com

株式会社エントラスト

(株)エントラストのトップページへ

Entrust.inc All rights reserved.