【エントラスト通信vol99】
F
明けましておめでとうございます。
2019年の第1回目のメールマガジン担当の好伸です。

旧年中は、大変お世話になり誠にありがとうございました。
まだまだ寒い日が続きますが、お身体をご自愛下さい。

img


1年の計は元旦にあり、とよく言われておりますが、私の今年の目標は「運動」をすること!内容は昨年と同じではありますが、今年は「東北・みやぎ復興マラソン2019」へのエントリーを目標としています。
今のところ1日おおよそ5km歩けば良いといったペースでやっているので、フルマラソンは遠い目標のような気がしてはいますが、何事も日々の積み重ねが結果に繋がると思い、今年こそはと徐々に意識を高めております。

皆様におかれましては、どんな目標を掲げてますでしょうか。
より実りの多い1年になりますよう、お祈り申し上げます。

さて、話しは、本業の方に変わりますが、昨年の5月に厚生労働省のホームページで発表されました医療法における病院等の広告規制について、お客様から数件のお問い合わせがありました。

厚生労働省HP へのリンクはこちら
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/

以前、保健所の立ち入り検査があった際に、広告規制ガイドラインの変更にあたり、ホームページ記載の内容について告知を受けたのですが…。と、ご相談いただいたものをご紹介します。

(1)保険適用外の自由診療には料金を掲載してください。
(2)診療科目として「審美歯科」を掲載してはいけません。
(3)症例の写真について、詳細な説明がない場合は掲載してはいけません。

先述の厚生労働省HPリンク先にも記載がある通り、必要に応じて随時内容の追加・見直しが告知されておりますので、皆様におかれましては、現行のホームページ掲載内容を、再度ご確認下さるようお願い申し上げます。


また、厚生労働省の委託事業において、医業等に係るウェブサイトの監視体制強化事業「医療機関ネットパトロール」から指摘を受けた、というお話は、現状耳にしておりませんが、昨年週刊誌に取り上げられた、歯科医院のホームページに「サプリメント内服で、3ヶ月でがん腫瘍が完全消失」と驚く内容が掲載されていたことがあります。当然、誇大広告もしくは、虚偽広告になりますので、指摘を受けておりました。

このように、巷で話題のニュース等と同様、ホームページもコンプライアンスに問題があった場合、メディアや行政から指摘を受けるようになります。
余程のことがない限りは、まず都道府県の担当者から是正命令の電話・メール・書面が届くようですので、このような通知を受け取った際には、弊社担当までお知らせください。適時対応をとらせていただきますので、お願いします。


本年も感謝の気持ちを忘れる事無く、皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。


今後ともエントラストをどうぞよろしくお願いいたします。

2019年1月
担当:島津 好伸


-----------------------------
ホームページの修正・追加も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL: 022-726-5655
MAIL: info@b-entrust.com

株式会社エントラスト

(株)エントラストのトップページへ

Entrust.inc All rights reserved.