【エントラスト通信vol57】
6月のメルマガ担当「エントラスト制作の三浦」です!

今年は例年にない暑さが続きましたが、そろそろ梅雨の時期がやって来ます。
じめじめした季節に負けないような明るい話題をご提供できればと思います。

さて、今月は動画SEOの重要性について簡単にご説明いたします。

動画で検索上位表示?動画SEOとは

GoogleやYahooなどの検索エンジンで何かを調べている時、検索結果にYoutube等の動画が出てくることが、以前よりも増えてきたような気がしませんか?

「動画コンテンツを含むページは検索結果で優遇される」ということで一躍注目されるようになったのが、動画で検索結果での上位表示を狙う「動画SEO」です。

動画は検索エンジンで本当に優遇されるのか?


動画は検索エンジンで本当に優遇されるのか?

動画が検索エンジンで優遇される理由の一つとして、Google自体が「動画コンテンツ」を好んでいる傾向があります。さらに、検索結果にインデックスされるのが速く、テキストだけのページよりも動画が埋め込まれているページの方がGoogleの1ページ目に表示される確立が50倍近いということが、Forrester Research社の調査によって判明しました。

また、検索結果に動画のサムネイルがあると、クリック率が上がるとも言われています。

ホームページでの集患に頭を悩ませている先生方にとっては、まるで夢のような話だと思いますが、こうした話題が動画SEOへの注目につながっています。

動画が、なぜSEOに有効なのか?

「なぜ、動画がSEOに効果があるの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、確かにSEOの基本はテキストです。検索エンジンのクローラーに正しく認識されるためには、テキスト情報は必要不可欠です。

それなのになぜ動画に効果があるのかと言えば、動画コンテンツにも「タイトル」、「説明テキスト」、「タグ」といったテキスト情報が存在するからです。
実は、動画SEOでも、クローラーに読まれているのは文字情報です。また、動画を掲載しているページ内のテキスト情報もチェックされています。

そしてもう一つの注目はURLです。普段ネット検索をしている中で、動画が検索上位に表示された時、そのほとんどがYoutubeだったことに気づいている先生方も多いかと思います。YoutubeはGoogleのグループ会社です。検索結果にそのことがどの程度影響しているのかは定かではありませんが、現時点ではYoutubeを使って動画を配信するのが、もっとも効果的な方法です。


価値のあるコンテンツ作成が重要

これからの検索エンジンが好むのは「良質なコンテンツ」です。

コンテンツが動画であっても、その本質は変わりません。
ユーザー視点で分かりやすい動画コンテンツを作ることが、今後のWEB戦略では基本になると思います。


まとめ

今後のWEB業界では、動画コンテンツを重視してくる事は方向性としては間違いありません。大切なことは、今のうちから中身やテーマにこだわった動画コンテンツを作って行くことが、後々の成功につながっていくと思います。

今後ともエントラストをどうぞよろしくお願いいたします。

平成27年6月
担当:三浦

-----------------------------

ホームページの修正・追加も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
今後もエントラストをどうぞよろしくお願い致します。

TEL: 022-726-5655
MAIL: info@b-entrust.com

株式会社エントラスト

(株)エントラストのトップページへ

Entrust.inc All rights reserved.